スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラ~

こんな日は沢は登れません。 またあした~ ばいナル
スポンサーサイト

さむいっす

前回の初フォトランディングのご報告です。

修行が必要です。

fcb9ccc8.jpg

さすが野生です。じっとしてくれませぬ。

これはそこそこかな?8c3204ff.jpg














でも、水中ではナイのです。

精進したいとおもいます。

続  アマゾン川

ポイントが増水した川のほぼ中央の石裏ということでアップクロスにキャストして石を巻くイメージでと。

トレースコースは決定しました。あとは石を巻く手前と巻いた後にショートピッチジャークでスイッチを入れる予定です。

濁りもかなり強いのでしっかりルアーをアピールさせて流れからルアーが飛び出さないよう心がけ

いざキャストー。

コースはバッチリ巧いこと着水成功です。がーーー予想以上に流れがキツイ
石裏を完全に巻ききることが出来ません。無事ルアーも手元に戻ってきてしまいましたとさ。。。
2投目はもう少し上流に着水させ大石付近に差し掛かりました。

えーいと、ジャークジャーク、そして石をドリフトで巻きーのトゥイッチを5発お見舞いしてーのジャークジャーク
そして最後に必殺ソロソロソロと。ただ巻きです。

ガガガガガガガ  ジジジジジジー

きました。きました。サクラマス以来の激しいファイトです。ジャンボ決定です。
ロッドも38Fな為かなりの引きに感じられました。以前38センチのヤマメを釣りましたが、明らかに今回の引きは強く感じられました。無事流芯を抜け寄ってきましたが、岸際のボサにメチャクチャ突っ込みます。
濁りのためまだこの時点では魚種、サイズともに不明です。少し強引に巻き上げ無事ネットイン。

カッコエーーー。鼻曲がってるのを確認。色も差してきているのも確認。
cdc3e18c.jpg

勇ましいです。遂に雄山女を釣りました。

e885104f.jpg

サイズは36センチ。物凄く筋肉質です。

どうですこの面構え。

a08c6999.jpg

満足。

秋やまめ
アマゾン川で
ご対面

お後よろしいようで。。。  バイナル。

ロッド SOULS J38
リール カーディナル3x
ライン GTR 4lb
ルアー Dコン 秋 レッドホワイトドットバック
ネット コンクルージョン

 

嫁 募集だそうです。。。

ハイ  こんちわ。

先日、師匠のKOREZYさんとショアジギングに行ってまいりました。

結果からお知らせいたしますと

二人とも カスりもしませんでした。

今まで行けば必ず釣果があったポイントでしたので残念でなりません。

話は変わりまして師匠は嫁を探しているそうです。 ご理解のある女性の方いらしゃいましたらコメントください。おねがいします。

1f3bce89.jpg

全般的にマニアックですが、お友達からおねがいします。 だそうです。

ショアジギングのパイオニアで去年マグロも仕留めております。

おススメですYO

バイナル

イカ漁

チェイス社長とイカ男爵さんと石巻へイカ漁へ行ってまいりました。

事前情報ですと夕方が爆釣モードということでしたが、仕事が終わってからの釣行になった為漁港に到着したのは、21時を過ぎていました。

先行者のオジサンに聞くと、今日は、全くダメねー。ということでした。
まっポツポツ釣れればよいかな?と各々エギやら餌でフィッシィング開始です。

0a6f1060.jpg

お先です。ナルはイカ釣り2回目の為、とりあえずジャーーークしとけ的な発想で???でリールを巻いていると、袖を軽く引っ張られるような感触?アワセを入れてみるとゴミでもつれたか?

あっ イカが釣れちゃいました。 まっこんなもんです。
fc6b6052.jpg

続いてエキスパートの社長、男爵さんも快調に釣果を伸ばし

3人で15杯ぐらい釣れたでしょうかね。

1b7516bf.jpg

是非次回はマズメのピーキーな時間帯に釣行してみたいですな。

イカ釣りは体に悪いです。

早めに帰りましょう。。。    バイナル

21本目

イメージどーりに釣れてくてた本日の貴重な1匹です。 沢の水はなんでこんなに 冷たいのか・・・ ばいナル~さぶい

アマゾン川

しかし、雨ふりますね~。 今日は仕事が休みでしたので午前中は自宅にて私用をかたずけまして、午後は時間が出来たので川の様子をチラッと見に行こうかな~と最近お気に入りの砂鉄川上流域にリバーウォッチングに行くことにしました。 車で自宅から15分程のポイントに到着して川を覗くと、そこには大河があるではありませんか! いつもは川幅5メートルのところが軽く20メートルはあります。流れも濁流の一歩手前の感じで水色はミディアムブラウン アラ~と思いながらもウェーダーを履き川に降りてみました。 通常水深30センチもないところが腰まで浸かります。身の危険を感じた為、車に戻り最上流域へ行ってみることに。さすがに最上流部は増水といえなんとか釣りが可能か?という状況。車にタックルを積んでいるので一応タックルを持ち釣りが成立しそうな流れを探します! 傾斜が比較的少ない所を中心に2ヶ所程ポイント発見さてこんな時はウエイトあるルアーで底を釣るしかないかなとDコンをチョイス。これをキャストしたら縦に沈めるイメージで着水したらロッドを立てラインを軽く張りスッと沈めます。実際イメージどーりいってるかは??? ルアーが底付近に入ったら激しく上にジャークを連発です。これで石裏をピンスポットで釣っていく作戦!2投目にガクンとジャークがとまりグイ~ンと流れに乗って走りだしました。しばしのやりとりで寄ってきました30センチ!実はこんな日はチャンスなのか?ともう1つのポイントもやってみるも全く反応なし! ポイントもなくなり帰宅することに。川沿いを眺めながら走っていると濁流が一旦落ち着いている区間を発見。距離にして50メートルぐらいかな?まん中あたりに石が顔を出しています。流れのヨレもいい感じで出来ています。ピーンときてしまったので、やらぬわけにはいきません。狙いは一点まん中大石の裏です。 次回に続く。 本日の尺様 ロッド SOULSJ38 リール カーディナル3X ルアー Dコンタクト 秋バージョンナルシーウエイトカスタム

目標達成

やりました なんと本日31センチ 33センチ と2匹追加しましてぇ 尺20匹 となりました。 発!水中撮影のつもりでの釣行でしたがまさか2匹釣れるとはありがたい。 しかしポンコツデジカメでの撮影の為なかなかベストショットが撮れずじまい沢の水はキーンと冷たく手が麻痺する始末。早い話腕が悪いのです。 というわけで微調整してから写真はUPしようとおもいやす ばいナル。

衝動買い

こんにちわ~ 水中デジカメ買っちゃった! 安いやつですが。 釣りに行く楽しみが増えましたよ~ ランディング前にパチリできるわけですよ。水中で!そうです、あのホォトランディングをしようというのです。 しかし、これから寒くなるというのに… また楽しみがふえましたね いい写真がとれるまでは時間がかかりそうですが楽しんでやっていこうとおもってます。 水の綺麗な源流かな?SOULSというメーカーのJ38源流スペシャルみたいなロッドも実は買っちゃったので準備は万全。 あ~たのしみ ばいナル

ジャーク嵐

筋肉痛です。

今日はお休みだったのでショアジギングをやりに広田半島先端のISOにナルりました。

昨年台風の日にいって頭から波をかぶった、あのポイントです。
けど行けば何かしら釣れるナイスなポイントでもあります。
今シーズン、ジギングロッドを新調しまして入魂式も兼ねての釣行です!
さてポイント到着1投目アチョ~と投げたジグは予想以上に飛んでいき底にジグが着定した時には既に下巻きのラインが出ている状態!PE4号を150メートル巻いていたはずなのに
スゴいっすこのロッド!飛びまくりです。95gのジグを余裕で振り切れます。
気をよくしてガンガンジャークしていると~

ガツーン。

きました。きました。1年ぶりの感触です。ビーンとラインがなり結構引いているようです。ワラサかしら?な~んておもいながら寄せてくると長さはなさそうに見えましたが体高がありそうです。

? ? ?

波が押し寄せるのをまって一気にオリャ~と抜きあげます!
オォォ にゃんと~
念願の発カンパチではありませんか~
しばし観察して写真をパチリ1枚とって食べようか迷いましたがクーラーボックスを持ってきていなかったので元の場所へお帰りいただきました。サイズは40センチぐらいでした
結局このポイントでは同サイズを1本追加して終了となりました。
時間もまだまだあったので気分転換を兼ねて

IN karakuwa

に場所を移してみました。
ここは去年初めてジギングをやった場所です。あの日以来釣りにどっぷりとハマってしまいました
海の感じはなかなかよろしい感じですがどこに投げても全く反応なしです。2時間ジャークしまくりで腕がパンパンになってきたので本日しゅ~りょ~う!ということにしました。
台風が1発来るとまた状況が変わりそうなのでまたそのころにでも。

ショアジギングはロケーション最高ですよ! ダイエットにも最高です。 是非!

ばいナル

ロッド ゼナック 11f

リール ツインパワー 5000

ライン PE 4号

ジグ 激投ジグ 近海仕事人 80g~100g



迷宮入り

いったい何本トラウトロッドをかったのでしょ
この1年で買いまくりました~。
いつベスト1本に巡り会うのだろうか・・・。あと何本買うのだろう…。
しかし所変わればロッドは代わり、ルアーかわればロッドもという感じでしてどうしたらよいのでしょ。
タックルは増える一方ですゎ~
まっもう少し集めてみてお気に入りをみつけましょうか!稼がねば

しかしお金かかりますね~。

上流にて35センチ
Dコンにて

パンパンでっせ



休釣です。

もうお盆になってしまいました。
渓流に通えるのもあと少しですね~。

しかし、これから禁漁までがジャンボとの勝負となります。遠征したいところですが今年は1河川に通い詰める!というテーマで釣りをしてきました。なので砂鉄川にて今季の禁漁をむかえる予定でっす。
ではでは盆明けに。
砂鉄下流にて34センチ。ルアーは ブルースライド7センチ 。



リトルスキルの巻

では少ない引き出しの中から幾つかご紹介いたします。

ラインスラックが出るようにトゥイッチをします。刻むリズムとリーリングスピードを変えながら行います。比較的低活性時の時有効のような気がします。アップ、クロス どちらでもOKです。

次はラインスラックなしのトゥイッチ&シェイクです。これも緩急をつけておこないます。やる気のある魚が気が狂ったように追いかけてきて足下でもヒットしてしまうメソッドです。激しいアクションをビタリいきなり止めてしまうのもかなり有効でした。更にオートフッキングの為自動的に鋭い合わせが決まります。そんでフッキングは深いのでバレ難いのも特長です。アップ アップクロスで主に使用しています。
続きましてはジャークです。シャクリです。シェイクとまぜまぜで使用しても釣れちゃいます。これは超低活性な時や濁りがキツい時落ち込みで有効でした。低下活性なときはここぞというポイントでガンガンシャクリ続けます。濁りがキツい場合はシャクリ小さめでシェイキングをブレンドしてあげます。落ち込みなどでは上流からルアーを投げ入れてゆっくり逆引きしながらかるくチョンチョンとやります。トローリング風ですね。ダウン、ダウンクロスで使用する事が多いです。
で、次にドリフト&U字ですかね多分お腹が空いてる時やなんとな~く追っちゃおうかな?みたいな活性時にクロスで使用します。一番バレる確率の高いナチュラルアクションです。合わせは鋭く行います。アクションについては自分的には食わせの釣りなの威嚇の釣りをするのかで大分変わってくるとおもうので、最終的には好みです。
しか~しリアクションバイトで釣れる魚は比較的ジャンボが多いような気もします…

一番大事なのは気配を消しつつのキャスト!これで80%ぐらい決まってきます。精度がたかければ接近戦で葉っぱ一枚分ぐらいに落とせるでしょうが、逆に落とせないと釣れないですし。ナルシーみたいにキャストがsweetなひとはロングキャストして座布団1枚ぐらいを目標になげま~す。ほぼ魚には気がつかれないでしょうから多少ピンから外れても安心して追って来ちゃうようです。

あとわ あとわ 逆転の発想は大事だとおもいますしぃ。

じぶん魚だったら?こんなの追ってみたい!とか考えてみたりぃ。そうです魚になりきる戦法です。
とまぁザックリ話してこんなところでしょうか。

あっ最後にルアーのカラーはそんなに神経質にならなくても良いかもです。それよりレンジの方がかなり重要です。

今日のはイワナさんで42センチ 今季最大! ミノーは7センチ。



あと2と迫りました

イェイ やりました追加です。
夕飯までの30分以前から気になってたポイントにピンスポットに短パン&Tシャツ釣行してまいりました。
上手く出来過ぎました。
結果からいきますと尺1本 泣き尺1本 という結果でした。
そして期待どーり写真を撮ろうしゃがんだ瞬間お尻がひんやりと・・・尺はナルシーを狂わせます
まずポイントの写真とランディング前のヤマメちゃんです。瀬から開いてくるポイントです。川幅は7メートルぐらいでしょうか?こんなポイントではロッドレングス5~6フィートでも充分なんですけど自分的にはこんな大場所は魚さんもかなりスレてらっさゃるのでは?と考えまして
7フィートを使います。そしてルアーも飛距離を出しやすいものを使用します。
そんでポイントから充分に離れて目指すはガンガン瀬尻前です。距離にしますと35メートルぐらいかな 魚が付いていると予想されるのは写真左奥のブッシュ付きの石です。石を挟んで流れが2つに割れその後一つ戻って若干深くなっています。周りには身を隠せそうな石も点在しています。渓流スタンダードポイントY字でやんす。
ルアーが着水しましたら早急に水を絡ませポイント手前から石を過ぎるあたりまで派手なアクションでアピールします。その後水流が安定するところで棒引きにします。食わせの間のつもりです。
とこんな感じでしょうか
今日は夕マズメということでアップの釣りではあまり使用しないフローティングタイプのミノーで7センチ。スピーディーかつハイテンションの釣りをしてみました。予想通り水しぶきを揚げバイトしサクラマスのごとくジャンプを繰り返しナイスファイトやっぱ一番楽しいのはこの釣りですな~
ほんじゃね~。

バイナル

sakana2.jpg sakana1.jpg



シリーズ第2回

?ストラクチャーについてでやんす。 とはいっても在りすぎますのでこまります。テトラポットだったり木だったり石だったりと! 無数です 基本増水しても流されない障害物ですね。それで流れが当たってることと身を隠すことが出来れば最高のポイントとなります。多分。 あとは底が重要かな~と砂中心ではマス族の期待はグ~ンと下がります。頭大以上の石で構成されているとグ~ンと上がります。そしてシリーズ?の流れと絡めば出来上がりです。 とはいっても大抵そんな場所はエキスパートの皆さんに叩きのめされているはずでしてなかなか釣れません。ではでは どうするかといいますと足でひたすら捜すのが一番なのですがポイントは限られているので、ここでチョイと工夫が必要です。 タックル キャスト リトリーブ アクション などなど遂に小技を駆使しなければなりません というわけで次回は リトルスキルワォです。 本日は中流域にて捕獲しましたヤマメちゃん 32センチです。ルアーはメトロトラウト シンキング

シリーズ第1回目

1回目はポイント編 ポイントを細分化して書いてみたいとおもいます。 ?流れ ジャンボに限ってはおそらく大きい魚体を安定させる為比較的水圧が一定の所または付近に定位しているような気がします。逆に複雑な所には小さい魚体でやる気満々の簡単に釣れてしまう魚が多いかなぁ~?複雑なポイントでもある程度水深があり表層付近はグチャグチャでも底の流れが安定している場合は別ですな。 どんなに流れがはやくても底に小さい石や砂があるということは底はさほど流れが強くないということで、浮かない限り流されないということになります。ルアーを沈めてみるとよく分かります。それに気がつくとルアーを引くレンジの重要性にもきずいてしまいます まずまず流れの程度としては大体腰上ぐらいの水深の場合立ってられるか流されるかといった具合です。多少個人差はあるとおもいますが速すぎず流れが効いてる感じです。この流れには魚種問わずジャンボが必ず潜んで居ます。後はマス族であることを祈るのみ!といったところです。 次回は?ストラクチャーについてです! バイナル 今回のフォトは サテツレインボー 36 センチ ルアーは9センチ リッジ ? だったか?

あと3

めでたく本日も砂鉄川下流にてヤマメ30.5センチを追加いたしましたあと3匹釣り上げますとなんと今季サテツトラウト尺UPが20匹となります
運と感もここまでくるとグッときます
サテツリバーで狙えるトラウトといいますとヤマメ イワナ ニジマス サクラマス といったところでしょうかそして1つはじめにサテツリバーは基本的にマス族の絶対数も少なくジャンボも少ない河川です。釣行されたことがある方は感じてるとおもいますが・・・。
では、なぜ運と感のナルシーがここまで釣れたかといいますとぉ~
次回からシリーズでSATETU RIVER 尺族 ナル族でお知らせしたいとおもっとります。ですが基本的に運と感が8割なので話し2割でお楽しみいただければ無責任でいられますのでご了承くださいまっせ。
ほでは次号にて。
バイナル

こちら今季最大38センチのヤマメちゃんです



プロフィール

ナルシーフィッシング

Author:ナルシーフィッシング
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログパーツ探すならここ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。